トラベル

暮らすように旅するフィンランド(1)フィンランドの図書館~スーパー

旅の楽しみは何ですか?
と聞かれたら私はその国の暮らしを知ること。
現地の人と会うこと。
と即答します。

おみやげを買うよりスーパーに行き観光名所に行くより図書館に行きます。

デザインの国フィンランドの図書館はとてもお洒落です。

DSCF1028使用しているインテリアも、やはり木製のものが多くて、木のあたたかみがアクセントになり図書館の中でありながら、ほっこりとする空間になっています。

DSCF1026

世界一読書量の多い国というだけあって、スケールが違います。

大空間。

図書館

それにしても、みんな静かに作業をしています。

DSCF1030

電源だってバッチリ。

DSCF1032

静かではありましたが、会話を楽しめるようなゆったりとしたソファもありました。

IMG_9393

また食文化を知るには、スーパーに行くのが一番てっとり早いです。

IMG_9408

牛乳の容器ひとつとっても、日本、アメリカ、フィンランド…全然違いますね。

可愛いパッケージです。

フィンランドという国は、厳しい気候の中、家の中でも楽しく暮らそうという思いから

そこから優れたインテリアが生まれたと言われています。

暮らしにデザインというエッセンスが入ったのです。

IMG_9409

コーヒーの消費量が多い(あと、アイスクリーム消費)といわれる(取材時)フィンランド。
陳列棚のコーヒーの量も、芸術的です。

IMG_9411

意外とコーヒーの価格もリーズナブルでした。

IMG_9413

ナッツ類も充実。

IMG_9414  でも一番驚いたのは、野菜や果物でしょうか。IMG_9396

棚そのものや見せ方もお洒落で

機能性を重視する国、フィンランドらしく、取りやすそうです。

色使いも、日本よりもポップで明るいですね。

北欧の店舗は基本的に元気になれる色を多用しているところが多いと思います。

IMG_9402

ひとつの食材に、沢山の種類があるのもまた特徴的。

IMG_9398

IMG_9401  キシリトールの国だから歯磨き粉は、MUST CHECKです。
IMG_9404

スーパーで雑貨品や食品を見ているだけで、暮らしが少し想像できて楽しくなります。

こんな旅の楽しみ方もあるんです。だから旅がやめられない。

スポンサーリンク

関連記事

  1. ハワイ島で美味しいコーヒー豆探し【ハワイネタ】
  2. 【国内:ホテル情報】リゾートホテル小豆島で瀬戸内の夕日を見よう
  3. フィンランド、ブランドONAR(オナール)
  4. 今年の夏休みはLATVIA(ラトビア共和国)に行きませんか?
  5. もうすぐバレンタイン! ワルシャワでオススメのチョコレートカフェ…
  6. ホノルルで人気の穴場カフェ、ARVO 【ハワイネタ】
  7. 暮らすように旅するフィンランド(2)街を散策
  8. LOVE OLIVE OIL!

おすすめ記事

ホノルルで人気の穴場カフェ、ARVO 【ハワイネタ】

ホノルルで、再開発が進むカカアコ地区にカフェ「ARVO」がオープンしました。ホノルル…

フィンランド、ブランドONAR(オナール)

先日フィンランド大使館において、フィンランド政府による『フィンランドデザインプロジェクト」がこの3月…

「雑貨展」6月5日まで開催

「雑貨」をめぐる環境や感性を、世界的にもユニークなひとつの文化として俯瞰し、その佇まいやデザイン…

元町「アプリシエ」で姿勢を正すウォーキングレッスンに角質ケア!

BAY SPAの神田店長のご推薦のおかげで元町にあるフットケアサロンaplicie(アプリシエ)…

【フィリピン・ホテル情報】マカティー シャングリラホテルのスパで伝統のマッサージを!

シャングリ・ラホテルマニアなので香港、タイに続いてマニラ・フィリピンも訪れました。マ…

タロットで自分を知る

占い記事を日経ウーマンで公開しました。監修は、長年プライベートでお世話になっている風水師でタ…

トラベル

ホテル

スパ

コスメ

ライフスタイル

PAGE TOP