スパ

沖縄で唯一の本格タラソリゾートスパ&ホテルへ

早起きしてやってきた沖縄のスパは、本島の北部にあるホテル オリオン モトブ リゾート&スパ。
チェックインをすると、まず目にするのが負の歴史、伊江島。このビューにまず圧倒されます。

想像していた以上に豪華で、優雅で、大規模なリゾートホテル。でも、プライベートビーチもあって、隠れ家感もある。
オープンして3年ということもあり、とてもキレイです。

併設のチャペルでウェディングするのが人気だとか。屋外プールもできたばかりだとか。

そして感動したのは、ウェルカムドリンクがオリオンビール。さすがオリオン経営のホテル。「限りなくおかわりする人がいたらどうするのか」とスタッフに聞いたところ、「対応します」とのこと。ここでチェックインする前に泥酔してしまったら恥ずかしいですね。

ま、そんな心配はさておき。今日の目的地はこちらのホテルの階下にあるスパ、ベルメールです。

ここでは、タラソおやじこと、日本におけるタラソテラピースパプロデュースの第一人者が手がけたスパトリートメントが受けられるのです。

これまで訪れたタルゴラグーナ(蒲郡)とかに比べると、だいぶサイズダウンのタラソプールですが、海水にはこだわりが。

通常は表層の海水を使うそうですがここでは、1500mも下、琉球古代海水を使っているそうで、とにかく「海水の質が素晴らしい!」

ここにぷかぷか30分浮いているだけで、健康になっていくかんじ。体がみずみずしく、ゆるゆるしていくのがわかります。

(ちなみに今はこのタラソプール&サウナ<通常45分2,160円>が無料だとか!)

プールで体を緩めたあとはトリートメントです。
トリートメントルームは8室あり、カップルルームも。

 季節限定のアセロラを使ったトリートメントにも惹かれましたが(人気は「アセロラアロママッサージ」60分12,960円)

でもやっぱり私は大好きな海藻パックを。全身にたっぷりミネラルたっぷりの海藻を塗布されて20分ほど体に浸透されるというものですが、からだぽかぽか。終わった後は、肩こりも改善!体スッキリです!

担当してくださった副支配人の砂川美由紀さん。キレイな方でした~

前述しましたが、今は特別に「プール&サウナ」が無料です(ビジターも!)から、この機会に是非タラソを体験してみては。
やっぱり、タラソテラピーのトリートメントは海のそばでうけてこそ。沖縄に来たのだからやっぱりタラソを受けなくちゃ。

朝8時半に羽田を出て、2時過ぎにはモトブに到着し、タラソでぷかぷか浮いていられました。こんなに身近に本格的なタラソスパ&美しいビーチがあるのならば、少しの休みを利用してでもぜひ行くべき。

■タラソスパベルメール
営業時間 10時~21時
TEL 0980-51-7222

www.thalasso-bellemer.jp

スポンサーリンク

関連記事

  1. 多くのプレスやモデルたちに人気のアイブロウトリートメントサロン「…
  2. 女性の駆け込み寺!三重県菰野町のラグジュアリーなサロンで極上のト…
  3. 骨格と筋肉の歪みをとりながら痩せやすい体へと導くメディティアンセ…
  4. インターコンチネンタルホテル大阪で「オールザットスパ ホリスティ…
  5. ダイアモンド配合のパリ直輸入のコスメのフェイシャルコースを、ウェ…
  6. 3月6日、ボディフェスタイベント開催
  7. 広尾の隠れ家的サロン、Cercle(セルクル)へ
  8. 【フィリピン・ホテル情報】マカティー シャングリラホテルのスパで…

おすすめ記事

史上最高・最強のドモホルンリンクル

(株)再春館製薬所は16日、昨年の11月にリニューアル発売をした基本4点(保湿液・美活肌エキス・クリ…

メディディアンセラピー(60分10,000円相当)トリートメントプレゼント、1名様に!ブログモニター募集中!

*********ありがとうございます。こちらの応募期間は終了しました。*********&…

タロットで自分を知る

占い記事を日経ウーマンで公開しました。監修は、長年プライベートでお世話になっている風水師でタ…

今年の夏休みはLATVIA(ラトビア共和国)に行きませんか?

バルト海に面し、北欧や中欧、ロシアを結ぶ交通の要地に位置するラトビア共和国。2014年1月からユーロ…

フランキンセンス30%増量で、「ローズ ド マラケシュ ネロリバーム」が9月に発売

モロッコ美容を「コスメ」にして、日本に発信するローズ ド マラケシュ。大人気のベストセラーは、ネ…

ホノルルで人気の穴場カフェ、ARVO 【ハワイネタ】

ホノルルで、再開発が進むカカアコ地区にカフェ「ARVO」がオープンしました。ホノルル…

トラベル

ホテル

スパ

コスメ

ライフスタイル

PAGE TOP